一般歯科・予防歯科

虫歯治療

原因を追求し、根本からしっかりと治療します

ただ削って詰めるだけでは、またしばらくすると虫歯が再発し、どんどん治療の「穴」は大きくなっていってしまいます。そして、最終的には歯を抜かなければなりません。

また、同じ口内環境下にある他の歯も、次々に虫歯になっていきます。そんなことにならないためには、虫歯ができてしまった原因を特定し、そこをしっかりと解消することが重要です。当院では、お口の中全体、つまり歯だけでなくそれを支えている歯茎や骨まで健康な状態にすることを目指してしっかりと治療を行っていきます。

なるべく痛くない治療を行います

歯の治療は痛いもの。そんなイメージをお持ちの方は多いと思います。

確かに、痛みを全くのゼロにすることは難しいかも知れませんが、歯茎に表面麻酔を塗ってから、さらに痛みを感じにくいように麻酔を打つといった工夫で、かなり痛みは軽減されます。

将来のことまで見据えた上で、治療方針を決定します

現在の歯科業界では、「できるだけ抜かない」「できるだけ削らない」という方針で治療を行うことが主流になっており、当院でも基本的にはこの考え方に沿って健康な歯を残す治療を行っています。

ただし、無理にグラグラの歯を残すことで、その下にある骨が減っていき、次の段階の治療が上手くいかなくなるというケースもありますので、当院では長期的な視点で患者さんにとって一番良い治療を行うようにしています。
もちろん、治療の進め方については、患者さんとよく話をして、合意を取りながら進めていきますのでご安心ください。

歯周病

30歳を過ぎたら、歯周病に要注意

子供の歯のトラブルと言えば、もちろん虫歯です。しかし、大人になると虫歯よりも歯周病で歯を失う人の方が多く、虫歯のような分かりやすい痛みがないため対応も遅れてしまいがちです。

歯周病が怖いのは、歯を支えている歯茎がブヨブヨになったり、顎の骨が溶けてしまったりすることです。これらの土台がダメージを受けると、もちろん歯はしっかりと支えられなくなり、場合によっては一度に何本も歯が抜けてしまうこともあります。

お口の中を徹底的にきれいにするのが歯周病治療

当院では、歯周病治療には特に力を入れています。

具体的には、歯磨きをしっかりと行って頂くための指導(TBI)、院内での歯石や着色汚れのお掃除(PMTC)、そして場合によっては歯茎を開いて行う歯の根元のお掃除(フラップオペ)を組み合わせることで、お口の中の衛生環境を徹底的に改善していきます。

予防歯科

定期的なメンテナンスで、いつまでも健康な歯を

従来は、「歯が痛くなったら歯医者さんに行って治してもらう」という考え方が主流でしたが、今は「虫歯や歯周病にならないために定期的に歯医者さんでメンテナンスをする」という方が増えています。

患者さんのお口の中の状態にもよりますが、目安としては1〜3ヶ月に1回は、予防メンテナンスを受けるようにしましょう。

ご自宅で取れない汚れも、しっかりと落とします

予防でお越しになった患者さんに対しては、お口の中に異常がないかのチェックだけでなく、ご自宅の歯磨きだけでは落としきれない汚れを、クリーニングでしっかりと除去していきます。お口の中がとてもきれいになるため、見た目も舌触りもとても良くなります。

スポーツマウスガード

スポーツの中には、歯を守るだけではなく、顎の骨や脳への衝撃も緩和することが重要になる種目があります。また、直接身体的な接触がなくても、歯をしっかりと噛みしめることで力が発揮できるものです。

当院では、そういったスポーツ選手向けのマウスピース(スポーツマウスガード)を作製していますので、ご興味のある方は、お気軽にご相談頂ければと思います。一人ひとりのお口に合わせて、呼吸や会話ができ、かつしっかりと歯をガードしてくれるものを、オーダーメイドでお作りします。

水野歯科医院 03-5300-6131
水野歯科医院 03-5300-6131
アクセス 当院が選ばれる理由 水野歯科医院ブログ ドクターズ・ファイル